• Nexus
        • SSI Nexusは、SSIソフトウェアのユーザー、作成者、および実装者が集まる場所です。 ここでは、ベストプラクティスと業界のトレンドについて議論し、共通の課題に取り組み、最新のソフトウェアにアクセスし、それらを結び付ける製品の将来へのインプットを提供します。

        • MyLearning
        • SSI MyLearningは、SSIユーザーが詳細なトレーニング演習、資料、コース、および認定資格にアクセスできる場所です。 自己指導型のトレーニングカリキュラムにより、トレーニングはスケジュールどおりに、最も必要なときに実行されます。

        • SSIブログ
        • SSIブログは、造船とテクノロジーの交差点、業界の進歩、SSIニュースの最新情報を得るための場所です。 SSIの共同CEOであるDenis MoraisとDarren Larkinsの最新記事を読む唯一の場所です。

          Lighthouse Waveform | Crow’s Nest

        • エンジニアリ ングに自信
        • エンジニアリング情報は、造船業者の最も必要な資産です。 その情報をビジネスに適合させることは、船舶のライフサイクルの各段階で造船特有の課題と情報要件を処理するために構築されたソリューションを使用することを意味します。

          Hull / Structure 製品 | Outfitting 製品 | WorkShare 製品 | 般的な製品

        • 同期造船
        • エンジニアリング情報が他のすべての部門、ツール、プロセスを円滑に推進すると、利用可能な情報を完全に制御できるようになります。 組織にとっては、現在か将来のプロジェクトを危険にさらすことなく、ビジネス上の意思決定を行う自由も意味します。

          EnterprisePlatform | DigitalHub

        • 会社
        • SSI弊社のリーダーシップの詳細をご覧ください。

        • 場所と連絡先
        • グローバルに存在するパートナーが必要です。

        • ニュース
        • SSIと造船の最新情報

        • イベント
        • 次のイベント、カンファレンス、トレードショーに参加してください。

        • パートナー
        • プラットフォームおよび開発パートナーの詳細をご覧ください。

        • クライアント
        • SSIを信頼する業界リーダーをご覧ください。

        • キャリア
        • 造船業を可能にします。

SSI 開発者ネットワークとは何ですか?

SSI Developer Network brandmark

イノベーションを実現する最善の方法は、コラボレーションを通じて行うのだと考えています。 SSI 開発者ネットワーク (SDN) は、サードパーティの開発者、SSI、および SSI ユーザーで構成されるコミュニティです。 連携することで、SSIのコア製品や技術の機能を拡張し、単独で行うことで可能な限り価値を高めることが可能になります。 開発者ネットワークのパートナーのおかげで、クライアントが以下を実現することがこれまで以上に簡単になりました。

  • 外部システムとプロセスを直接駆動します。
  • 造船の変更プロセスを合理化し、設計データを交換することでコストを削減します。
  • プロセスを自動化して、3D製品モデルから生産機に情報を取得します。
  • エンタープライズ・システム間での自動情報フローを実現します。
  • 最新のデータを使用して、すべての関係者が情報にリアルタイムでアクセスできるようにします。
  • 造船業の業務に注力。

SDN に参加する理由

SSI ShipConstructorEnterprisePlatform とのオープンな統合とAPIへのアクセスを通じて、SDNのパートナーはSSIが既に行っている造船技術への投資を利用することができます。

コマーシャルパートナー

SDN コミュニティでは、サードパーティの開発者 (コマーシャル パートナー) が SSI ユーザーに販売するソフトウェア ソリューションを作成できます。 SSIと力を合わせる商業パートナーは、造船の最も困難な課題のいくつかに革新的なソリューションを開発し、商業化するための最良の立場に身を置きました。 このパートナーシップは、開発者が SDN を通じて組織を促進し、販売する重要な機会を提供します。

クライアント パートナー

SSI ユーザーは、ShipConstructor 製品モデルのフルパワーを活用するために社内ソリューション (クライアント パートナー) を開発したいと考えています。 クライアントパートナーは、ERP、会計、生産自動化装置などの関連する企業プロセスを使用して、ShipConstructor製品モデルデータベースに保存されているすべての情報を活用することで、大幅なコスト削減と品質向上を享受することができます。

SDN パートナーは、次のユーザーに固有のアクセス権を受け取ります。

  • マーケティングサポート。
  • 営業サポート。
  • ソフトウェアおよびテクニカル サポート。
  • トレーニング。

API/統合ソリューション

SSI API Interactions

EnterprisePlatform Workpackage REST API

EnterprisePlatform Workpackage REST API は、タスクの作成と管理、ワークパッケージ要求の送信、および送信された要求の状態の監視を行うための REST API を提供します。 また、外部システムからエンタープライズプラットフォームとシップコンストラクターへのゲートウェイとしても使用されます。

エンタープライズ プラットフォーム ワークパッケージ API

EnterprisePlatform Workpackage API は、パッケージ内の ShipConstructor アイテム (アセンブリ、描画、部品など) と、各種類の項目 (PDF、DWG、DXF、STEP、TSV、XML など) に関連するさまざまな出力を識別するなど、エンタープライズ プラットフォーム システムによって生成されたワークパッケージと対話する .Net ユーティリティを提供します。

EnterprisePlatform Genesis Connector API

EnterprisePlatform Genesis Connector API は、構築線、プレート、フェイスプレート、スチフナー、ツイストスフチナー、平面グループ図面、およびユーザー定義の属性などの基本的な構造部品やエンティティを作成および削除するために、アプリケーション (通常は ShipConstructor CAD 環境の外) で使用できる .NET インターフェイスを提供し、これらのオブジェクトのプロパティの読み取りと更新を行います。

船コンストラクタCOM/.NET API

ShipConstructor COM/.NET API を使用すると、公開された .NET ライブラリまたは COM ライブラリを介して直接使用する、ShipConstructor コンポーネントを使用できます。主に、シップコンストラクター データベースと対話するための ShipConstructor データレイヤーと呼ばれるアプリケーション層です。また、AutoLISP や AutoLISP などの AutoCAD ツールと組み合わせて使用することもできます。 Autodesk ObjectARX API を 使用して、ShipConstructor の AutoCAD ベースのオブジェクトおよび図面と直接対話できます。

データベースへの直接アクセス

ShipConstructor のデータの大部分は、オープン アーキテクチャにより直接アクセス可能な SQL Server データベースに格納されます。

XML のインポート/エクスポート

XML ファイルは、直接 ShipConstructor にインポートまたは ShipConstructor からエクスポートできます (たとえば、ShipConstructor ストック カタログから)。

造船PLM RESTおよびAML/IOMインターフェイス

造船PLMは、あなたの造船所の管理された製品データの継続的な履歴を含む記録のシステムです。 造船PLMは造船プロセスの設計、レビューおよび生産段階のためのデータ準備を伝達し、また、変更管理を導く。 これは、PublisherLT および InformationHub によって提供される “ライブ” アンマネージ データとは対照的です。

造船PLMの管理されたデータにアクセスするために、2つのスタイルのインタフェースが利用できる。 REST インタフェースは、最小限のシステム知識で使用するように設計されており、製品データとリレーションシップの基本セット (例: 部品、アセンブリ、スプール、図面、およびそれらのプロパティ) を公開します。 AML/IOMインターフェースは造船PLMのデータ構造へのより広範なアクセスを提供する。


はじめに

申請手続きを開始するには、 申請書に記入してください。 その他のご質問がある場合は、SDN@SSI-corporate.comに 連絡してください。