• Nexus
        • SSI Nexusは、SSIソフトウェアのユーザー、作成者、および実装者が集まる場所です。 ここでは、ベストプラクティスと業界のトレンドについて議論し、共通の課題に取り組み、最新のソフトウェアにアクセスし、それらを結び付ける製品の将来へのインプットを提供します。

        • MyLearning
        • SSI MyLearningは、SSIユーザーが詳細なトレーニング演習、資料、コース、および認定資格にアクセスできる場所です。 自己指導型のトレーニングカリキュラムにより、トレーニングはスケジュールどおりに、最も必要なときに実行されます。

        • SSIブログ
        • SSIブログは、造船とテクノロジーの交差点、業界の進歩、SSIニュースの最新情報を得るための場所です。 SSIの共同CEOであるDenis MoraisとDarren Larkinsの最新記事を読む唯一の場所です。

          Lighthouse Waveform | Crow’s Nest

        • シップコンストラクター
        • 情報をビジネスに合わせて取得するということは、船舶のライフサイクルの各段階を通して造船固有の課題と情報要件を処理するために構築されたソリューションを使用することを意味します。

        • エンタープライズプラットフォーム
        • 造船所のすべてのプロセスはデータを必要とします。ツール間でデータを適切な形式でシームレスに共有することで、意味のある実用的な情報を組織全体で利用できるようになります。造船プロジェクトに必要なカスタマイズされたツールを自由に選択できます。

        • デジタルハブ
        • 造船には多くの部門間で慎重な調整が必要ですが、意思決定のための情報が多数のレガシーソフトウェアシステムとスプレッドシートにサイロ化されることが非常に多いです。これらのサイロを開くことで、各部門は、必要なときに必要な情報にアクセスできます。

        • 会社
        • SSI弊社のリーダーシップの詳細をご覧ください。

        • 場所と連絡先
        • グローバルに存在するパートナーが必要です。

        • ニュース
        • SSIと造船の最新情報

        • イベント
        • 次のイベント、カンファレンス、トレードショーに参加してください。

        • パートナー
        • プラットフォームおよび開発パートナーの詳細をご覧ください。

        • クライアント
        • SSIを信頼する業界リーダーをご覧ください。

        • キャリア
        • 造船業を可能にします。

  • 日本の造船会社のための戦略

造船プロジェクトは大規模であり、それは同様に大量の情報が生成されることを意味します。 組織 のあらゆる部分 、および既に実施されているプラットフォーム全体で、その情報を接続して同期化することで、情報に基づいた意思決定を行うことができます。

EnterprisePlatformは、造船所内で造船データを自由かつ自動的に流すことを可能にします。 必要な場所に必要な形式でデータを渡すことで、造船会社は、すでに持っている情報を活用できると確信することができます。 この戦略により、自動化された生産機械、自動化されたプランニング、共同でのプロジェクトレビューなどのイノベーションを実現することができます。

エンジニアリング情報の自動生成

PublisherLT は、海洋情報モデルからのエンジニアリング情報をさまざまな形式で合理化し、自動化します。 PublisherLTは、エンジニアやデザイナーが他のステークホルダーに提供する情報の生成を自動化し、本来のデザイン/モデリング作業に集中することを可能にします。

必要な形式のデータを迅速に作成

Publisherは、ローカルの造船業者のインストールや知識を必要とせずに、すべての部門、プロセス、ツールに情報共有能力を拡張します。 どの部署でもMarine Information Publisherからデータを引き出すことができるため、情報共有能力が全部署に広がります。 モデルを必要なフォーマットで作成し、その情報をPLM、ERP、MRPシステムや生産機械にプッシュすることができます。

あなたの情報交換の場

InformationHubはEnterprisePlatformの中心であり、すべてのシステムを接続したままにします。 複数の情報要求の処理を調整し、すべての通信を監視し、ユーザーのディレクトリを管理し、現在登録されているコネクタ、ユーザー、発行モードを表示と構成するためのコンソールを提供します。

必要なプロジェクトデータの閲覧

ProjectViewerを使用すると、チームはSSI EnterprisePlatformで公開された最新の出力にすばやくアクセスできます。 これに、多数の人々が、継続的に更新される公開されたプロジェクトドキュメントの共通バンクを活用できます。

AutoCADとShipConstructorの自動化

ノードは、複数の情報要求を並列処理し、必要な形式で再パッケージ化できる物理と仮想ワークステーションです。 無制限のノードをInformationHubに接続してシステムの処理能力を高め、スケーラブルな実装を可能にすることができます。

情報の自動生成をスケジューリング

JobServer は、ShipConstructor の項目の選択と必要な出力データのタイプの定義に基づいて、プロジェクトの出力データを自動的に定期的に作成するメカニズムを提供します。

必要なものに素早くアクセス

ProjectCacheは、EnterprisePlatform Serversスイートに参加する最新のコネクタであり、EnterprisePlatformシステムにキャッシング機能を追加します。 ProjectCacheは、ワークパッケージの出力を分析し、アイテムやアイテム群に関連するドキュメントの最新リビジョンをコピーし、古いリビジョンを破棄することで、既に生成された情報を素早く提供することができます。

EnterprisePlatformのInformationHubとProjectSchedulerを活用することで、情報モデルから部品調達や生産スケジューリングを確実かつ効率的に行えるようになりました。 この自動化されたアプローチにより、ビジネスのより多くの側面と連携できるようになり、効率が大幅に向上しました。

ガンダーソン・マリン社 マリンプロジェクトスーパーバイザー