• Nexus
        • SSI Nexusは、SSIソフトウェアのユーザー、作成者、および実装者が集まる場所です。 ここでは、ベストプラクティスと業界のトレンドについて議論し、共通の課題に取り組み、最新のソフトウェアにアクセスし、それらを結び付ける製品の将来へのインプットを提供します。

        • MyLearning
        • SSI MyLearningは、SSIユーザーが詳細なトレーニング演習、資料、コース、および認定資格にアクセスできる場所です。 自己指導型のトレーニングカリキュラムにより、トレーニングはスケジュールどおりに、最も必要なときに実行されます。

        • SSIブログ
        • SSIブログは、造船とテクノロジーの交差点、業界の進歩、SSIニュースの最新情報を得るための場所です。 SSIの共同CEOであるDenis MoraisとDarren Larkinsの最新記事を読む唯一の場所です。

          Lighthouse Waveform | Crow’s Nest

        • シップコンストラクター
        • 情報をビジネスに合わせて取得するということは、船舶のライフサイクルの各段階を通して造船固有の課題と情報要件を処理するために構築されたソリューションを使用することを意味します。

        • エンタープライズプラットフォーム
        • 造船所のすべてのプロセスはデータを必要とします。ツール間でデータを適切な形式でシームレスに共有することで、意味のある実用的な情報を組織全体で利用できるようになります。造船プロジェクトに必要なカスタマイズされたツールを自由に選択できます。

        • デジタルハブ
        • 造船には多くの部門間で慎重な調整が必要ですが、意思決定のための情報が多数のレガシーソフトウェアシステムとスプレッドシートにサイロ化されることが非常に多いです。これらのサイロを開くことで、各部門は、必要なときに必要な情報にアクセスできます。

        • 会社
        • SSI弊社のリーダーシップの詳細をご覧ください。

        • 場所と連絡先
        • グローバルに存在するパートナーが必要です。

        • ニュース
        • SSIと造船の最新情報

        • イベント
        • 次のイベント、カンファレンス、トレードショーに参加してください。

        • パートナー
        • プラットフォームおよび開発パートナーの詳細をご覧ください。

        • クライアント
        • SSIを信頼する業界リーダーをご覧ください。

        • キャリア
        • 造船業を可能にします。

  • 日本の造船会社のための戦略

造船所のすべてのプロセスはデータに依存しており、すべての活動はデータを作成します。 現代の造船プロセスは多様で大規模なため、一枚岩のソフトウェアですべての状況に対応することは不可能です。 組織内のすべてのシステムが、既存のインフラを活用しながら、あらゆるソースにデータをプッシュしたり、そこからデータを引き出したりできることを保証することが重要です。


情報のサイロを壊す

私たちの環境にはたくさんの情報があります。 そのような情報の多くは、造船所内の様々な関係者がすでにアクセス可能です。しかし、あなたのチームの課題は、誰もが何時間も検索せずに情報を消費できるコンテキストとフォーマットで情報を提供することです。 例えば、購買部門では、図面PDFの集合体からBOM情報を消費するのは難しいでしょう。 すべての部品、組立品、スプール、関連するBOMデータのリストを持つ情報が一箇所にあれば、この部門は何の問題もありません。

ハンティントン・インガルス・インダストリーズ社のような造船会社との仕事を通じて一貫して見てきたのは、情報のサイロ化の傾向です。チームや部門が自分たちのデータだけを扱い、必要なときに重要な情報を上下に移動させることができないのです。 変化に対応し、プロジェクトを指揮するためには、すべての情報を管理、配布し、部門間でアクセスする必要があります。

組織内のすべてのシステムが情報を必要としているため、クローズドなシステムやアーキテクチャは常にデータを消費しますが、データを取り出すのは別の話です。

Denis Morais, co-CEO

プラットフォーム・オブ・プラットフォームによる情報の解放

造船所内には多くの関係者やシステムが存在するため、生成された情報とその関係は複数のプラットフォームにまたがる必要があります。 これらのプラットフォームは、それぞれが相互に、また他のプラットフォームと接続し、同期し、リンクし、連携しなければなりません。

一流の市民としてのシームレスな統合が今後の課題です。 オープンAPIと深いパートナーエコシステムにより、あらゆるベンダーやレガシーシステムの情報を利用することができます。 その結果、より自然でシームレスな統合が可能となり、造船所としては自分で実装する必要がなくなります。

オープンな統合によりデータの設定が行われるため、ソースやシンク内のデータの使用方法を手動で把握する必要はありません。

ビルドシーケンス
製作図
VFIドキュメント
アイソメトリックス
BOM
CADジオメトリ
ショップフロアデータ
2D PDF
3D映像

オープンプラットフォームのビジネスメリット

情報は、多くのシステム、ツール、および企業に自由に流れ込まなければならないという考えを受け入れる造船会社は、有利です。 そうすることで、手作業でのソリューション導入に時間と労力を費やすことなく、迅速な革新、より良い意思決定、そして造船への集中が可能になります。 こうして、造船会社は、取り残されてしまうのではないかという恐れなしに、情報が適切なステークホルダーに対し適切な形式で適時に提供されることを保証できます。

同期造船の5つの鍵を見る


防衛事例におけるデジタル移行

Ingalls Shipbuilding社がどのようにして利益を得たのかをご覧ください。

  • End to Endのソリューションです。
  • 3Dでプランニング
  • 効果的なチェンジマネジメント
  • ルールベースのデザイン
  • コンカレント・エンジニアリング
  • 迅速な導入

データをコントロールする

組織が迅速かつ正確な意思決定を行うための情報は、アクセス可能で接続されていなければなりません。 そうしないと、意思決定の質が下がり、意思決定にかかる時間が長くなってしまいます。

このような現実に対応した情報管理プラットフォームを成功させるには、次のようなことが必要です。

  • 時間をかけてデータの履歴を管理します。
  • ドキュメントが正式にリリースされるタイミングを制御します。
  • 運用チームが最新の情報を使用していることを確認します。
  • レコードのシステムを含めます。
  • 部品、組立品、図面、スプール、システム、ネストなどのアイテムタイプで事前に設定されたデータがあります。
  • エンジニアリング、プランニング、プロダクションの各チームに最も重要な情報を示すために、すぐに準備ができます。
  • 組織内のすべての造船所のワークフローに対応します。
  • 任意のソースからの情報を受け入れます。
  • 情報を、どのような形式かを問わず必要とされる場所に届ける。

これらの要素を組み合わせることで、変更管理のワークフロー、デザインレビュー、進捗報告などの重要な日常業務を、推測に頼らずに行うことができます。 データが新たな石油となった今、そのデータを管理し、コントロールすることが、長期的な成功と安定の鍵となります。 現代のプロジェクトは複雑で、管理しなければならない個々のアクションの数が非常に多いため、特にその傾向が強くなっています。