SSI 30th Anniversary
        • Nexus
        • SSI Nexusは、SSIソフトウェアのユーザー、作成者、および実装者が集まる場所です。 ここでは、ベストプラクティスと業界のトレンドについて議論し、共通の課題に取り組み、最新のソフトウェアにアクセスし、それらを結び付ける製品の将来へのインプットを提供します。

        • MyLearning
        • SSI MyLearningは、SSIユーザーが詳細なトレーニング演習、資料、コース、および認定資格にアクセスできる場所です。 自己指導型のトレーニングカリキュラムにより、トレーニングはスケジュールどおりに、最も必要なときに実行されます。

        • SSIブログ
        • SSIブログは、造船とテクノロジーの交差点、業界の進歩、SSIニュースの最新情報を得るための場所です。 SSIの共同CEOであるDenis MoraisとDarren Larkinsの最新記事を読む唯一の場所です。

          Lighthouse Waveform | Crow’s Nest

        • エンジニアリ ングに自信
        • エンジニアリング情報は、造船業者の最も必要な資産です。 その情報をビジネスに適合させることは、船舶のライフサイクルの各段階で造船特有の課題と情報要件を処理するために構築されたソリューションを使用することを意味します。

          Hull / Structure 製品 | Outfitting 製品 | WorkShare 製品 | 般的な製品

        • 同期造船
        • エンジニアリング情報が他のすべての部門、ツール、プロセスを円滑に推進すると、利用可能な情報を完全に制御できるようになります。 組織にとっては、現在か将来のプロジェクトを危険にさらすことなく、ビジネス上の意思決定を行う自由も意味します。

          EnterprisePlatform | DigitalHub

        • 会社
        • SSI弊社のリーダーシップの詳細をご覧ください。

        • 場所と連絡先
        • グローバルに存在するパートナーが必要です。

        • ニュース
        • SSIと造船の最新情報

        • イベント
        • 次のイベント、カンファレンス、トレードショーに参加してください。

        • パートナー
        • プラットフォームおよび開発パートナーの詳細をご覧ください。

        • クライアント
        • SSIを信頼する業界リーダーをご覧ください。

        • キャリア
        • 造船業を可能にします。

 

日本の造船業はその納入する船舶の高い品質と卓越の伝統によって世界的に有名です。しかし、外国の競合勢力が追いつき始めているため、日本の造船業はこの名声を土台にしてさらに積み上げ、優位性を維持することが重要です。組織のエンジニアリングエコシステムを統括してその信頼性を実現することで、変化する顧客の要求、外部委託の管理、グローバル化が進む業界といった最重要の課題を乗り越えることが、将来の成功のための要諦です。

造船固有のソリューションを開発してきた30年以上の経験と、日本の造船会社との20年以上の協業経験を有するSSIは、御社がそれらの課題を乗り越えていく上で長期的に頼れるパートナーです。弊社は日本の造船に特有の側面を理解しており、現在の慣行の背後に存在する専門知識や効率を犠牲にすることなく、いっそう優れたエンジニアリングを実現させることが可能です。


主要な戦略

漸進的なイノベーション

統合環境あるいは統合エンジニアリングモデルへの移行は、組織内で築き上げられてきた現在の優位点や専門知識を一切失うことなく行う必要があります。これを実現するには、エンジニアリング情報に依拠した既存のプロセスでの作業を継続しつつ、3Dのメリットを追加できるソリューションを選択するのが、最もシームレスな方法です。

維持しなければならない既存のプロセスには、以下が含まれます:

  • BOM
  • スプレッドシート
  • 切削工作機械
  • 下請け業者の手配

継続的な関係を維持する

どのような移行でも長期的な成功の秘訣は継続的な関係を維持することです。このアプローチは、クライアントが弊社の30年以上に及ぶ歴史のほとんどを共に歩んでくれることにつながりました。クライアントの成功に対するSSIのコミットメントは、SSI Learningから始まります。これはどのスキルレベルのチームでもすぐに腕前を上げて高い基準に到達できる、総合的トレ―ニングカリキュラムです。標準化したトレーニング方法は、下請け業者や子会社が御社の方法や基準に準拠することを保証する上で役立ちます。

業界が変化するにつれて、弊社は継続的にクライアントの声に耳を傾けてクライアントと共に変化を遂げます。コミュニティポータルのNexusのウィッシュリストを通じて、弊社のソリューションで実現すべき機能についての提案を検討し、長期の技術サポートを提供し、トレーニング文書をさらに優れたものにします。現地でのサポートが必要な場合は、日本にテクニカルサポートチームを配置し、日本語でサポートを提供します。弊社ではこの長期パートナーシップ主義を弊社が成功してきた大きな理由と考えています。

真実の唯一の源泉を維持する

三浦造船所、福岡造船、稲益造船などの日本の造船会社は、業界の将来の方向を理解しており、自社のエンジニアリング活動の統括と信頼性を次なるレベルへと引き上げるために積極的に取り組んでいます。

3Dモデルなどにもとづく完全に統合されたエンジニアリング環境を通じて、適切な情報は必ず適切な形式で適切な人を見つけ出すことができます。既存のプロセスやインフラを変えることなしにです。エンジニアリングは、幅広い専門知識を必要とせずに、データの信頼性を維持できます。

Incremental Implementation of 3D Casestudy

パートナーシップハイライト

2010以来、三保造船所は、主要な船体製造設計ソリューションとしてShipConstructorを使用しています。同社は現在も2D図面に依拠する特定のプロセスを混乱させることなく、3Dパラメトリックデザインの利用を開始することができました。例えば、ネスティング情報は依然3Dモデルから引き渡される可能性がありますが、今や2D設計図面やヤードプランはMarineDraftingを介して3Dモデルから自動的に作成されます。

ケーススタディを読む

主要な課題

外部委託の管理

エンジニアリング部門がプロジェクトのあらゆる側面について統括と信頼性を維持できるように請負業者や下請け業者と仕事をするのは、ときに困難です。共有されたプロジェクトに会社固有の基準を直接に含め、納入された作業内容をその場で確認することができれば、請負業者が行った作業をシームレスに既存の環境に統合できます。このようにすることで、プロセスの混乱は最小限に抑えることができます。

もっと詳しく知る

変化する顧客の要求

船主は、ニーズに最も合ったミッション固有の船舶をますます求めるようになっています。他の造船所が設計に柔軟性を導入して、この要求を満たせるようにする要因の一つは、エンジニアリング情報の中心に3Dモデルを採用することです。このアプローチによって、例えば、基準の管理、プロジェクトの共有、CGの推定、ブロックが相互にどのように適合するかの視覚化を容易に行えるようになるなどのメリットを手に入れることができます。

もっと詳しく知る

グローバル化が進む業界

毎年、日本の造船所はよりグローバルな存在になっていますが、海外からの雇用や外国の請負業者が増えるにつれて、日本の基準に適った一貫性と品質を維持することが重要になります。幅広いトレーニングカリキュラムと、企業固有の基準を満たすように、作業パッケージを容易に共有できることを通じて、すべての船舶が御社要件に従って納入されるように取り計らうことができます。

もっと詳しく知る

造船会社パートナー

無料トライアルを請求する

SSIのソリューションを造船所内で直接試してみる機会については、引き続き弊社トライアルページをご覧ください。御社が求めるすべての機能が含まれ、トレーニング資料、ソフトウェア設定ヘルプ、技術支援を利用できるように、ご協力いたします。トライアル終了後に、何らかの義務が課されることはありません。

試用版を入手する

追加リソース

イノベーション評価

造船イノベーション評価

2分間での評価ですぐに、他の造船会社と比較しての御社の位置付けがわかり、御社の造船所のデジタル成熟度がどの程度かが明らかになり、御社向けに個別化したレポートを閲覧し、各重点領域についての独占情報にアクセスすることができます

アクセス評価
SSI 教材センター

教材センター

日本の造船業の未来のための戦略を明らかにする動画、事例研究、論文、図などを覗いてみましょう。御社が利用できる検索可能な資料が数百点あり、そのそれぞれが独自の洞察を提供しています。

リソースへのアクセス
2D in a 3D World, Marine Drafting

3D世界における2D

必要な2D図面を3Dモデルから直接作成できれば、造船会社はプロジェクトの他の部分にどのようにアプローチするかに影響を及ぼすことなく、基本/詳細設計に3Dを利用できます。本論文は、自動的にそのようにするためには何が必要で、造船会社はどのように取り組みを始めることができるかについて、概説しています。

ホワイトペーパーを読む
2D

日本の造船業:前途は?

SSI共同CEOのダレン・ラーキンスは世界中の造船所を訪問し、日本の造船会社と緊密に協力してその固有の課題を理解しました。このブログ記事では、日本の造船業に対するグローバルな視点での観察を、要点をかいつまんで記述しています。

ブログ投稿を読む
Japanese Shipyard

岐路に立つ日本の造船市場

SSI共同CEOのダレン・ラーキンスは、何度も日本を訪れた経験から、日本が3D技術の最も価値あるメリットを漸進的に導入しつつ、これまで幅広い2D制作品に投資してきたいっさいの品質と価値を維持するための、採り得るロードマップを提案しました。

ブログ投稿を読む

詳細はお問い合わせください

上に述べた手法、戦略、技術についてより詳しく知りたい方は、以下のフォームにてお気軽に弊社までご連絡ください。