• Nexus
        • SSI Nexusは、SSIソフトウェアのユーザー、作成者、および実装者が集まる場所です。 ここでは、ベストプラクティスと業界のトレンドについて議論し、共通の課題に取り組み、最新のソフトウェアにアクセスし、それらを結び付ける製品の将来へのインプットを提供します。

        • MyLearning
        • SSI MyLearningは、SSIユーザーが詳細なトレーニング演習、資料、コース、および認定資格にアクセスできる場所です。 自己指導型のトレーニングカリキュラムにより、トレーニングはスケジュールどおりに、最も必要なときに実行されます。

        • SSIブログ
        • SSIブログは、造船とテクノロジーの交差点、業界の進歩、SSIニュースの最新情報を得るための場所です。 SSIの共同CEOであるDenis MoraisとDarren Larkinsの最新記事を読む唯一の場所です。

          Lighthouse Waveform | Crow’s Nest

        • シップコンストラクター
        • 情報をビジネスに合わせて取得するということは、船舶のライフサイクルの各段階を通して造船固有の課題と情報要件を処理するために構築されたソリューションを使用することを意味します。

        • エンタープライズプラットフォーム
        • 造船所のすべてのプロセスはデータを必要とします。ツール間でデータを適切な形式でシームレスに共有することで、意味のある実用的な情報を組織全体で利用できるようになります。造船プロジェクトに必要なカスタマイズされたツールを自由に選択できます。

        • デジタルハブ
        • 造船には多くの部門間で慎重な調整が必要ですが、意思決定のための情報が多数のレガシーソフトウェアシステムとスプレッドシートにサイロ化されることが非常に多いです。これらのサイロを開くことで、各部門は、必要なときに必要な情報にアクセスできます。

        • 会社
        • SSI弊社のリーダーシップの詳細をご覧ください。

        • 場所と連絡先
        • グローバルに存在するパートナーが必要です。

        • ニュース
        • SSIと造船の最新情報

        • イベント
        • 次のイベント、カンファレンス、トレードショーに参加してください。

        • パートナー
        • プラットフォームおよび開発パートナーの詳細をご覧ください。

        • クライアント
        • SSIを信頼する業界リーダーをご覧ください。

        • キャリア
        • 造船業を可能にします。

  • 日本の造船会社のための戦略

他の産業では、数ヶ月先、数年先のリターンを見ようとしますが、優れた造船会社では、現在のプロジェクト、あるいはこれから削られる現在のブロックでも、何があってもROIを見ることを目指します。

テクノロジーの導入は、既存または将来のプロジェクトの遂行に影響を与えることはありません。 最も成功する設備投資は、迅速に立ち上げられ、初日から価値を提供できるものです。


造船業のROIチャレンジ

課題は、利用可能な最善のツールを使用することですが、導入や調整に時間がかかることはありません。

造船所内にはすでに多くの異なるツール、スクリプト、システムが存在し、中断できない既存の進行中のプロジェクトがあるため、新しいソリューションは既存の現実の中で機能しなければなりません。

デジタル造船の世界でROIを早く見るための鍵は

  • オーサリングデータは一度だけ。
  • 部門、システム、船体を超えた情報の再利用。
  • 必要なことを的確に行うためのプロセスの合理化。
  • 部品、組立品、図面、スプール、システム、ネストなどのアイテムタイプで事前に設定されたデータがあります。
  • エンジニアリング、プランニング、プロダクションの各チームに最も必要な情報を示すために、すぐに準備ができます。

早いスピードで立ち上がる

30年以上前の創業以来、SSIのソリューションは業界標準の商用グレードのプラットフォーム上に構築されており、使い慣れたもので、ユーザーが数ヶ月ではなく数週間で使いこなせるようになります。 Microsoft SQL Server、Autodesk、そしてArasのファウンデーションは、お客様のチームの現在のスキルや、組織の既存のセキュリティやバックアップの手順に自然にフィットします。

私は多くの異なるCADソフトウェアプラットフォームのエキスパートであり、これまでに数多くのコースを受講してきました。 SSIのShipConstructorコースは、よく考えられたレッスンと説明で、圧倒的に優れていると自信を持って言えます。

ビル・ベイリー(ディテールデザイナー

設計者やエンジニアが基本的な技術やインターフェースに精通していれば、明確な効果が得られるまでの時間を最小限に抑えることができ、市場に出回っている他のどの造船CADソリューションよりも生産性が向上します。

SSI MyLearningを取り入れ、造船業界の課題に対応したトレーニングプログラムを確立することで、ジェノバデザインインターナショナルがどのようにして達成したかをご覧ください。

  • 大規模な会社の成長。
  • リモートオンボーディングの成功
  • 習熟までの時間が短い。
  • 業界最高水準のトレーニング

造船業における一般的な企業の導入・統合プロジェクトでは、ROI目標が数年単位で設定されています。 それでも、目的とする課題の多くは解決されていません。 私たちの目標は、年単位ではなく月単位のROIで、造船会社に増分価値を提供することです。

Darren Larkins, co-CEO

PLM導入の成功

SSIとパートナーのArasは、段階的なアプローチにより、Ingalls Shipbuilding社にPLMソリューションをわずか9ヶ月で導入しました。

初日から効果を実感

CAD、PLM、ERPなどのシステムを移行する際には、常に追加のリスクが発生します。 このような移行を可能にするツールや戦略を選び、変更にかかる時間を短縮することは、造船会社にとって最優先事項であるべきです。 インクリメンタルオーバーレイ戦略は、これらのリスクを軽減する一つの方法です。

現在および将来のすべての活動、特にまだ知られていない活動をサポートするオープンエンタープライズアーキテクチャを持つことは、1つの戦略です。 これにより、イノベーションの効果がすぐに現れ、将来的に何度も交換する必要がなくなります。

もう一つの戦略は、オーバーレイ・アプローチです。 移行期間中に技術的な解決策を重ねることで、旧システムを一時的に維持しながら新システムを同時に採用することが可能になります。 そうすることで、新しいシステムの付加価値がすぐに発揮され、機能が失われることはありません。 プロセスが新しいシステムに切り替わると、古いシステムは廃止されます。 私たちのソリューションを支えるオープンアーキテクチャは、このような段階的な戦略を可能にしています。 あらゆるソースからデータを利用し、必要な場所にデータをプッシュすることで、既存のソースからのデータを摩擦なく簡単に利用することができます。


継続的なパートナーシップ

デジタルトランスフォーメーションに成功している造船会社は、テクノロジーパートナーと手を取り合って取り組んでいます。 これは、レガシーな考え方から、将来を見据えたデジタル駆動のビジネスに移行するための鍵の一つです。 一人でやっていると、内部からの変革はできないことがわかります。 造船会社とソリューションプロバイダーの戦略的パートナーシップが、デジタルの成功を可能にします。