SSI 30th Anniversary
        • Nexus
        • SSI Nexusは、SSIソフトウェアのユーザー、作成者、および実装者が集まる場所です。 ここでは、ベストプラクティスと業界のトレンドについて議論し、共通の課題に取り組み、最新のソフトウェアにアクセスし、それらを結び付ける製品の将来へのインプットを提供します。

        • MyLearning
        • SSI MyLearningは、SSIユーザーが詳細なトレーニング演習、資料、コース、および認定資格にアクセスできる場所です。 自己指導型のトレーニングカリキュラムにより、トレーニングはスケジュールどおりに、最も必要なときに実行されます。

        • SSIブログ
        • SSIブログは、造船とテクノロジーの交差点、業界の進歩、SSIニュースの最新情報を得るための場所です。 SSIの共同CEOであるDenis MoraisとDarren Larkinsの最新記事を読む唯一の場所です。

          Lighthouse Waveform | Crow’s Nest

        • エンジニアリ ングに自信
        • エンジニアリング情報は、造船業者の最も必要な資産です。 その情報をビジネスに適合させることは、船舶のライフサイクルの各段階で造船特有の課題と情報要件を処理するために構築されたソリューションを使用することを意味します。

          Hull / Structure 製品 | Outfitting 製品 | WorkShare 製品 | 般的な製品

        • 同期造船
        • エンジニアリング情報が他のすべての部門、ツール、プロセスを円滑に推進すると、利用可能な情報を完全に制御できるようになります。 組織にとっては、現在か将来のプロジェクトを危険にさらすことなく、ビジネス上の意思決定を行う自由も意味します。

          EnterprisePlatform | DigitalHub

        • 会社
        • SSI弊社のリーダーシップの詳細をご覧ください。

        • 場所と連絡先
        • グローバルに存在するパートナーが必要です。

        • ニュース
        • SSIと造船の最新情報

        • イベント
        • 次のイベント、カンファレンス、トレードショーに参加してください。

        • パートナー
        • プラットフォームおよび開発パートナーの詳細をご覧ください。

        • クライアント
        • SSIを信頼する業界リーダーをご覧ください。

        • キャリア
        • 造船業を可能にします。

4月 27, 2005
SSI ニュース

Albacore Research Ltd.(ARL)とUniversal Marine Systems(UMS)は本日、EasyStructを構造設計に、ShipConstructorを配管と貫通に使用したい日本の顧客向けの新しい統合ワークフローを発表しました。

Albacore Research Ltd.(ARL)とUniversal Marine Systems(UMS)は本日、EasyStructを構造設計に、ShipConstructorを配管と貫通に使用したい日本の顧客向けの新しい統合ワークフローを発表しました。

ARLが開発したShipConstructorは、船舶および海洋構造物の設計および製造のためのAutoCADベースの3D製品モデリングシステムです。 ShipConstructorユーザーは、シェルプレート、構造、配管、HVAC、および機器のエンジニアリングのための単一の統合ソリューションの利点を享受できます。

UMSが開発したEasyStructは、AutoCADベースの2D設計および3D構造モデリングシステムであり、造船業者やその他のメーカーで広く使用されています。 EasyStructユーザーは、現在の構造設計プロセスを、配管と貫通の効果的なソリューションで強化する方法を長い間必要としています。 新しいShipConstructor / EasyStruct統合ワークフローにより、このソリューションが実現しました。

2005年月にARLの敷地内にあるユニバーサルマリンシステムズを訪問した際に最後の仕上げが行われました(左から右へ:ユニバーサルMSジャパングループリーダー、春野武宏氏、ユニバーサルMSジャパンエンジニアリングゼネラルマネージャーolf田邦彦氏、ロルフG氏Oetter、アルバコアリサーチリミテッドカナダ、CEO、Denis Morais、ソフトウェア開発者アルバコアリサーチリミテッドカナダ)。

エンジニアは、EasyStruct内で作成された構造設計をShipConstructor 3Dモデルに簡単に変換できるようになりました。 次に、ShipConstructorを使用して、衣装アイテムを配置し、EasyStruct構造モデルにパイプを実行します。 その後、承認された侵入のライブラリから侵入が自動的に作成されます。 洗練された転送メカニズムを使用して、ShipConstructorからEasyStruct図面に貫通が簡単に転送されます。 データベース転送メカニズムは、既存の侵入または削除の変更も処理します。 これにより、大幅な時間の節約と精度の向上が実現し、早期の装備が容易になり、自動化の可能性が生まれます。

「造船業者が構造にEasyStructを使用し、配管、機器、貫通部にShipConstructorを使用できるという事実は、日本の造船所の生産性を大幅に向上させます」とUMSエンジニアリング部長のEngineering田邦彦氏は述べています。 「ShipConstructorは、時間の節約と品質改善のツールとして非常に高い評価を得ています。 EasyStructのお客様が、ShipConstructorの使いやすい配管、機器、貫通機能を利用できるようになったことを非常に嬉しく思います。」

このプロジェクトを成功させるには、ARLとUMSの緊密なコラボレーションが必要でした。 両社の開発者は、アプリケーション間でのデータ転送を可能にするだけでなく、データフローを可能な限りシンプルかつ堅牢にするために協力しています。

ALMの社長兼CEOであるRolf G. Oetter氏は、次のように述べています。「私たちは、長年にわたってUMSのスタッフと何度か会い、協力のための初期の取り決めを行いました。 2004つの製品を強化して2つの製品を接続できるようにしました。」

「造船に対する日本の独自のアプローチについて多くを学び、効率性と精度の追求を賞賛するようになりました」とOetter氏は付け加えました。

ARLは日本の造船業界の特定のニーズに開発努力を集中させてきました。 ShipConstructorの最近リリースされた更新には、とりわけ、精度制御マークを簡単に作成する機能が含まれます。これは、プレート上でスチフナーを正確に位置合わせし、溶接用にプレートを位置合わせする日本で一般的な方法です

ARLの地域代表である薬師寺工業株式会社の社長である加藤文義氏は、次のように述べています。 「EasyStructおよびShipConstructorの精度管理マークと新しい統合データフローは、日本の造船業の生産性の向上に役立っています。」

「さらに、日本の多くの経験豊富なデザイナーやエンジニアが退職しています」と加藤氏は付け加えました。 手動製図または2DベースのCADシステムでは、この最初のトレーニング期間には3年かかりますが、ShipConstructorのような使いやすい2D CADシステムでは、新しいデザイナーやエンジニアがより短時間で習熟することができます。」

新しいShipConstructor / EasyStruct統合フローは、ShipConstructorおよびEasyStructの今後のアップデートで、ShipConstructorおよびEasyStructのお客様に提供されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.