• Nexus
        • SSI Nexusは、SSIソフトウェアのユーザー、作成者、および実装者が集まる場所です。 ここでは、ベストプラクティスと業界のトレンドについて議論し、共通の課題に取り組み、最新のソフトウェアにアクセスし、それらを結び付ける製品の将来へのインプットを提供します。

        • MyLearning
        • SSI MyLearningは、SSIユーザーが詳細なトレーニング演習、資料、コース、および認定資格にアクセスできる場所です。 自己指導型のトレーニングカリキュラムにより、トレーニングはスケジュールどおりに、最も必要なときに実行されます。

        • SSIブログ
        • SSIブログは、造船とテクノロジーの交差点、業界の進歩、SSIニュースの最新情報を得るための場所です。 SSIの共同CEOであるDenis MoraisとDarren Larkinsの最新記事を読む唯一の場所です。

          Lighthouse Waveform | Crow’s Nest

        • シップコンストラクター
        • 情報をビジネスに合わせて取得するということは、船舶のライフサイクルの各段階を通して造船固有の課題と情報要件を処理するために構築されたソリューションを使用することを意味します。

        • エンタープライズプラットフォーム
        • 造船所のすべてのプロセスはデータを必要とします。ツール間でデータを適切な形式でシームレスに共有することで、意味のある実用的な情報を組織全体で利用できるようになります。造船プロジェクトに必要なカスタマイズされたツールを自由に選択できます。

        • ShipbuildingPLM
        • 造船には多くの部門間で慎重な調整が必要ですが、意思決定のための情報が多数のレガシーソフトウェアシステムとスプレッドシートにサイロ化されることが非常に多いです。これらのサイロを開くことで、各部門は、必要なときに必要な情報にアクセスできます。

        • 会社
        • SSI弊社のリーダーシップの詳細をご覧ください。

        • 場所と連絡先
        • グローバルに存在するパートナーが必要です。

        • ニュース
        • SSIと造船の最新情報

        • イベント
        • 次のイベント、カンファレンス、トレードショーに参加してください。

        • パートナー
        • プラットフォームおよび開発パートナーの詳細をご覧ください。

        • クライアント
        • SSIを信頼する業界リーダーをご覧ください。

        • キャリア
        • 造船業を可能にします。

  • 日本の造船会社のための戦略

EstaleiroAtlânticoSul(EAS)について

EstaleiroAtlânticoSul(EAS)はブラジル最大の造船所であり、国内の造船業の復活に重要な役割を果たしました。 造船所は、利用可能なリソースを活用して、技術的に進んだ船舶を予定どおりに納入しました。

サンプルプロジェクト

  • スエズマックス貨物船
  • VLCC
  • アフラマックス貨物船
  • パナマックス貨物船
  • 掘削船
  • 半潜水型オフショアプラットフォーム
  • FPSO
  • TLP
  • SPAR

課題:労働力不足

ブラジルでは、造船の経験がある人を足りませんでした。 1970年代、ブラジルは世界で二番目の大きい造船国でしたが、その後の数十年で業界はほぼ一掃されました。 最近のオフショア石油の発見により、ブラジル政府は国内の造船業を復活させるための経済開発計画を採用するようになりました。 EASは、政府の調達計画の結果として受け取った注文を構築するために、数千人の労働者を迅速に雇用して訓練する必要がありました。 スタッフにとって最も難しい部門のーつは、エンジニアリング部門(エンジニア、デザイナー、製図工)でした。 ほとんどの従業員は造船業界でほとんどまたはまったく経験がなく、経験の浅い労働力がすぐに習得して使用できるCAD / CAMソフトウェアを必要としていました。


ソリューション:使いやすくて柔軟性

EASは、すぐに習熟しやすいエンジニアリングソリューションを採用することで、AutoCADの既存の知識を持っている従業員を見つけ、必要な習熟度に訓練することができました。 造船業者の造船特有の性質は、EAS船の複雑で最先端の要件を現実的に達成できることを意味していました。 また、造船の最適化により、高度な生産知識を必要とせずに、最適な生産技術を3Dモデル内に取り込むことができました。

詳細な生産図面の半自動作成、3Dビジュアライゼーション、NCカットのコードにより、エンジニアリングと生産の緊密な統合が可能になり、ヤード全体での情報の転送がさらに改善されました。

レンダリングと写真提供:EstaleiroAtlânticoSul

結果:船は定刻に打ち上げられました

2010年5月7日、EASは、ブラジル国営石油会社ペトロブラスとブラジルでこれまでに建造された最大の船の一つであるプロメフ造船拡張プログラムの最初の船であるジョアンカンディドスエズマックスタンカーを発売しました。 打ち上げ式で講演したブラジルのルーラ大統領は、このイベントを、長い間忘れられていた業界の「自己肯定」と呼びました。

EASは、最初の船舶でのSSIソフトウェアの成功に続いて、造船業者を使用して、三つの独立したPromef関連プロジェクトを同時に設計と詳細化しました。 五つのAframaxタンカー、5のSuezmaxタンカー、P-10オフショア半潜水艇。