ShipConstructor-Overview-Hero

主な利点

真のコンカレント エンジニアリング

Concurrent-Engineering-Graphic
ShipConstructorは真のコンカレントエンジニアリングの実施を可能にする唯一のソリューションです。業界初でShipConstructorだけが提供する、業界スタンダードのAutoCAD DWG形式の図の生成、およびマニュアル入力した詳細あるいは図に直接記入した情報を一切失うことなく、自動アップデートできるようになりました。MIMの進歩およびShipConstructorとAutoCADの緊密な統合により、SSIは必要不可欠、かつ革新的なShipConstructorテクノロジー(総称して「Associative DWG」)を開発することができました。Associative DWGによって、ネスト、配列、スプール、および組立工作図といったAutoCAD DWGベースの製品図面でコンカレントエンジニアリングを利用することができるようになりました。

コンカレントエンジニアリングは、複雑および共同プロジェクトの効率的なエンジニアリングや建設に必要不可欠です。コンカレントエンジニアリングとは、次のタイプのエンジニアリングタスクをエンジニアリング部門全体で同時に実施する際に必要となる能力です。

• 産業に特化したルールとスタンダードの定義および修正

• 全分野の詳細なデザインの実行および修正

• 造船所が必要とする製品文書の作成およびメンテナンス

以上のタスクは、作業の再実行を最小ステップで、および最小限のエラーで、あるいは他分野に対して最小限のインパクトで行われなければなりません。すべてを最小限の手順で実行するには、コンカレントエンジニアリングを導入するためのソフトウェアアプリケーションにおいて、製品モデルのある部分に関わる全分野が、その部分の現状を完全に把握できるものでなければなりません。さらに、製品モデルの各レベルにおいて、関連する関係性を築きあげ、また産業に特化したルール、スタンダード、3Dモデルとすべての生成される製品文書が全分野を通して確認できるように表示する必要があります。作業の再実行を最小ステップで実行するためには、関係性をしっかりと構築することが大切です。

残念ながら、一般的なCADツールにはこのような能力は含まれていません。これらのツールは大規模な協力作業を必要とする造船プロジェクトを念頭においてデザインされたわけではなく、造船の全体像を把握していないため、管理体制、横の関係性をサポートすることは難しいのが実情です。とは言え、造船産業向けに全体的/部分的に開発されたアプリケーションも似たような能力しかありません。コンカレントエンジニアリングを実施するために必要な「共通/共同作業環境」および「横の関係性」を念頭においたデザインが製品モデルに含まれているかもしれませんが、期待できるほどではありません。実用的観点から見ると、それらには欠点があります。造船アプリケーションの大半は、不十分な2D図面やマークアップ能力、他部門/サプライヤー/サブコントラクターへ製品文書を電子的に送信する機能の欠如など、様々な制限があります。そのため、これらのアプリケーションを使用する造船会社は、プロセス中のどこかの時点でAutoCADとDWG形式を利用することになります。もし造船アプリケーションではなく
AutoCADを使って図面を作成、あるいは修正した場合、これらの図面は製品モデルと関連付けることはできません。この「関連付けができない」ことが、効果的なコンカレントエンジニアリングの実施を非常に大きく妨げるのです。

ShipConstructorだけが、AutoCADベースの図面の関連付けをサポートできます。プロセス中のいかなる段階でAutoCADを使用できるため、ShipConstructorだけが真のコンカレントエンジニアリングをご提供いたします。

スケーラビリティ

Scalability-Graphic

スケーラビリティは、顧客が抱える現状およびテクノロジーの進歩や変化に関連するリスク管理に非常に重量です。 弊社のSSIソリューションは、競合社の造船ソフトウェアよりもはるかに スケーラブルであり、異なる予算、異なる労働力スキル/能力、異なるインフラストラクチャ環境および異なるプロジェクトのタイプとサイズに最適です。

SSIソリューションは次の状況に最適です:

• 大小さまざまな予算に対応:
-    拡大縮小自在のライセンスモデルは、デザインエージェントや造船所が承認するROIを提供することができます。

新興の低テクニカル市場および先端テクノロジーを適用した確立された市場に、異なるテクニカルおよびインフラストラクチャ環境を導入。
-    SSIソリューションは、顧客の要求に合わせ、AutoCADの最もシンプルなバージョンのみを利用する最軽量のCAD/CAMソリューションとして導入可能です。一方で、Autodesk製品を無料で加えたShipConstructorの全製品群を導入し、また顧客が選ぶ最先端の第3者製品、テクノロジー、ツール、スキルと産業のベストプラクティスをひとつに統合した企業ソリューションとして利用することもできます。

• 広範囲な労働力スキルと能力:
- 熟練を短時間で実現- ShipConstructorの使い慣れたAutoCAD基盤によって、顧客は簡単にスタッフを集めたり、トレーニングしたりすることができます。さらに、造船特有のコンセプトや用語を使用することもできます。
- 保護および管理 - 高レベルスキルを持つ組織は、多数のモデルやソフトウェアを幅広く相互使用することができます。一方、スキルが低ければ、マネージャーはあらゆる物事の承認を細かく取り仕切る可能性があります。

• すべてのサイズに適した複雑/簡単なプロジェクト:COTSテクノロジーを統合し、相互運用可能なShipConstructorの柔軟なライセンスモデルは、大規模な造船および商用造船所やエンジニアリング会社、および小規模なデザインエージェント、修理/修繕所や小規模のコントラクターの要求に応えることができます。

SSIソリューションは、異なるサイズ、タイプおよび複雑性の プロジェクトで実績があります。多様するITスキルを持つ小/中/大規模の全組織に、要求に合ったShipConstructorを導入することができます。さらに、成長に合わせ、導入したソリューションを変更することも可能です。また、異なる要求をもつ各社がそれぞれのニーズに合わせてShipConstructorを導入することができるため、ShipConstructorの「スケーラブル」なソリューションはサプライチェーンの共同作業を強化することができます。このソリューションは、共同プロジェクトやサプライチェーンの連携に非常に重要な役割を担うことができます。AutoCADを共通の導入項目と設定することも、あるいはEnterprise Platformを通してすべてのレベルで情報を共有し、作業効果を上げることもできます。

コンフィギュレーション性および柔軟性


世界中の造船業界やオフショア産業のすべての会社が同じ問題およびニーズを抱えています。ただし、2つとして同じ組織はありません。競争力に差がでる特徴は小さな差から生まれることがしばしばあります。ShipConstructorは、特定のワークフローを押しつけませんし、また第3者の製品の導入を規制することもありません。また、要求が変化した際には同じ組織内でも異なるソリューションを導入することもできますし、異なる組織からの要求に合わせて導入することもできます。

搭載テクノロジー:AutodeskやMicrosoft SQL ServerといったCOTSテクノロジーを利用することによって、短時間の導入および低コストを実現することができます。小規模の組織向けにコスト効果の高いソリューションを提供するため、ShipConstructorは自ら第3者のテクノロジーの導入を許可しています。ただし、大企業レベルの顧客もこれを利用することは可能です。このコスト削減ソリューションは大小すべての会社に適用することができます。

統合:ShipConstructorは単体で、あるいは大小さまざまな規模の組織で複雑なプロセスやアプリケーションの一部としてソフトウェアを導入することができます。また、プロセス外でソフトウェアを導入することもでき、必要に応じて完全に導入することもできます。

ERP/PLM:ソフトウェアのコア(搭載機能:AutoCADドラフティングおよびマークアップ、Associative DWG、ユーザー定義アトリビュート)は小規模な組織の軽量な変化管理アクティビティに使用することができます。ただし、大規模な組織の企業クラスシステムに導入することもできます。

ワークフロー:コンフィギュレーション可能なテンプレート、BOM、CADスタンダードおよびワークフローは特別なニーズに合わせてカスタムメードすることができます。これにより、高い効率性を実現、保持することができます。

熟練までの時間を短縮


ShipConstructorは見慣れたAutoCADプラットフォームを使用するため、スタッフを簡単に集める、およびトレーニングすることができ、造船特有の用語やコンセプトを使用することができます。また、SSIはソフトウェアが常に革新的で、簡単なデザインであり続けるように尽力していきます。

SSIは最新のソフトウェアテクノロジーを簡単に使用できる、効果的な強化機能を追加していきます。非凡な概念的用語を使用するよりも、産業にすでに浸透している用語を使用することで、簡単にソフトウェアを学習することができ、ソフトウェアが持つ潜在的な操作性をフルに活用することができます。

ShipConstructorの簡単な操作性に最も貢献しているのは、AutoCADの基盤でしょう。世界中でAutodesk製品を利用するユーザーは1億人を超えると予想され、エンジニア、デザイナーおよび新卒者の多くはAutoCADスキルを持っているため、ShipConstructorのトレーニングの一部を受ける必要がありません。従業員の入れ替えが問題となっている場合は、このソリューションによってトレーニングコストを下げることができ、短期間で、低コストで十分なスキルを備えた労働力を準備することができます。

相互運用性


今日のCADデータの共通言語はDWGです。ShipConstructorモデルデータや製品図面のネイティブフォーマットはDWGのため、 ShipConstructorは他社と比べ、他部門やサプライチェーンとの共同作業を最も効果的に実施することができます。海洋産業では、サプライヤー、サブコントラクター、船級協会およびプロジェクトオーナーの基本的なコミュニケーションはDWGで行われます。このコミュニケーションを円滑に行うことができるため、ShipConstructorは以上の組織との共同作業にかかるコストを下げることができ、必要不可欠なコンバージョンプロセスでのリスクを下げることができます。

次との相互運用性:

その他の最高品質のアプリケーション:異なるサイズおよび要求がある組織が、それぞれのニーズに合わせてソリューションを選択することができます。そのため、いかなるサイズの組織でもShipConstructorを使ってソリューションを作成することができます。

その他の組織:WorkShareとSQL Server Expressデータベースエンジン(他にも多数)を利用した軽量のプロジェクト実行ソリューションは、小規模あるいは低テクノロジー組織(市場に参入中の大規模な組織も)や大規模な企業クラスの会社で使用することができます。

セキュリティおよび制御


アクションやワークフローは、個人あるいは部門の承認によって管理することができます。個人のスキルレベルに合わせてソフトウェアの利用範囲を会社全体で統一すること、またビジネスプロセスの必須項目を統一することもできます。これによりセキュリティをより高めることができ、一方、承認を受けていない作業、あるいは故意によらない変化に対応するための二度手間を防ぐことができます。柔軟な管理および製品に搭載されている、変化項目に対するユーザーレベルの評価トラッキング機能を使って、より高い信頼性を得ることができます。

« 主要な微分器