• 造船に関する独自の洞察にアクセス:SSIブログ
  • 詳細はこちら: SSIにお問い合わせください
  • en English
SSI 30th周年
        • Nexus
        • SSI Nexusは、SSIソフトウェアのユーザー、作成者、および実装者が集まる場所です。 ここでは、ベストプラクティスと業界のトレンドについて議論し、共通の課題に取り組み、最新のソフトウェアにアクセスし、それらを結び付ける製品の将来へのインプットを提供します。

        • MyLearning
        • SSI MyLearningは、SSIユーザーが詳細なトレーニング演習、資料、コース、および認定資格にアクセスできる場所です。 自己指導型のトレーニングカリキュラムにより、トレーニングはスケジュールどおりに、最も必要なときに実行されます。

        • SSIブログ
        • SSIブログは、造船とテクノロジーの交差点、業界の進歩、SSIニュースの最新情報を得るための場所です。 SSIの共同CEOであるDenis MoraisとDarren Larkinsの最新記事を読む唯一の場所です。

          Lighthouse | Waveform | Crow's Nest

        • エンパワードエンジニアリング
        • エンジニアリング情報は、造船業者の最も必要な資産です。 その情報をビジネスに適合させることは、船舶のライフサイクルの各段階で造船特有の課題と情報要件を処理するために構築されたソリューションを使用することを意味します。

          船体/構造製品 | Out装品 | ワークシェア製品 | 一般的な製品

        • 同期造船
        • エンジニアリング情報が他のすべての部門、ツール、プロセスを円滑に推進すると、利用可能な情報を完全に制御できるようになります。 組織にとっては、現在か将来のプロジェクトを危険にさらすことなく、ビジネス上の意思決定を行う自由も意味します。

          EnterprisePlatform | DigitalHub

        • 会社
        • SSI弊社のリーダーシップの詳細をご覧ください。

        • 場所と連絡先
        • グローバルに存在するパートナーが必要です。

        • ニュース
        • SSIと造船の最新情報。

        • イベント
        • 次のイベント、カンファレンス、トレードショーに参加してください。

        • パートナー
        • プラットフォームおよび開発パートナーの詳細をご覧ください。

        • クライアント
        • SSIを信頼する業界リーダーをご覧ください。

        • キャリア
        • 造船業を可能にします。

February 13, 2020
ソフトウェアリリース

大規模な近代造船 ワークフローの小さな改善が、プロジェクトレベルでの大幅な時間の節約につながることを意味します。 SSI 2020 R2.1のリリースで念頭に置いていたのは、平面グループ、非ねじれた補強材、およびフェースプレートの相互作用を改善し、ShipExplorerの使いやすさを向上させ、カタログを比較する機能を導入し、より簡単にしたことですこれまで以上に機器を操作し、いくつか実装しました Nexus ウィッシュリストの提案。


ウェブセミナーを見る

SSI 2020 R2.1のリリースで利用できるようになったすべての改善点については、ウェビナーをご覧ください。

動画を見る

平面グループ平面への補強材とフェースプレートのトリム

構造モデリング設計作業を実行する場合、平面グループに加えられた変更は、プロジェクト全体で他のオブジェクトに多大な手直しを引き起こす可能性があります。 SSI 2020 R2.1のリリースに伴い、ShipConstructorは、ねじれのないスチフナーとフェースプレートトリムツールの強化により、パラメトリックモデリングの機能を拡張しています。

現在、平面グループプレーンとのパラメトリックな関連付けを使用して、関連付けられたねじられていないスティフナーとフェースプレートへの変更が自動的に更新され、膨大な時間を節約し、エラーの可能性を減らします。

モデル内に既に存在する定義済みの平面を利用することで、トリムツールは、リンクされた平面グループの位置に基づいて、ねじられていないスチフナーとねじられていないフェースプレートの両方をパラメトリックに変更します。 これにより、必要な作業が削減されるだけでなく、これらの変更を手動で行うことに一般的に関連するエラーも最小限に抑えられます。


ShipExplorerの機能強化

現代の造船プロジェクトの規模は、特にモデルとその関連部品を視覚的に検査する方法がないため、変更管理を大きなタスクにします。 ShipExplorerにより、利害関係者、CAD設計者、および非CAD / CAMユーザーは、複雑なデータモデル内で必要なものと簡単に接続し、視覚的に対話することができます。

ShipExplorerは、モデルを視覚的に検査し、衝突検出機能を提供し、設計情報を共有し、変更を伝達するために、多くのSSIクライアントによって広く使用されています。 ただし、現代の船舶モデルは複雑であるため、これらのワークフローをできるだけ明確にする必要があります。

SSI 2020 R2.1のリリースでは、複雑なセット構造をナビゲートする必要なく、モデル全体の特定のパーツをすばやく簡単に分離および視覚化できるようにするいくつかの新しい機能が導入されました。

ShipExplorer Spotlightツールを使用すると、ボタンをクリックするだけで、選択したオブジェクトをすばやく分離し、その向きを理解できます。 表示するパーツを選択したら、Spotlightを使用して、モデル内の他のすべてのコンポーネントをすぐに暗くし、自分に関連するものに正確に焦点を合わせます。

さらに、ShipExplorerは、類似のShipConstructorプロパティに基づいて関連するパーツを簡単に区別して表示する機能をサポートし、ShipExplorerは、ユーザーがShipConstructorプロジェクトから取得した値に基づいてプロパティを直接インポートできるようにし、人気を満たしています Nexus ウィッシュリストのリクエスト。 これらの機能強化により、必要なものを正確に分離し、より多くの情報に基づいた意思決定を短時間で行うことができます。


WorkShare Catalog比較テクニカルプレビュー

「カタログ間でどの在庫と基準が異なる、または欠落しているのか」と尋ねた人は何人いましたか? 特に大規模なカタログでは、膨大で退屈な作業になる可能性があります。

SSI 2020 R2.1では、次のテクニカルプレビューリリースでこの課題に簡単に取り組むことができました。 WorkShare カタログ比較–スタンドアロンユーティリティとして利用でき、ゼロから構築されます。 カタログ間で同期していないアイテムを一覧表示するレポートをすばやく作成およびフィルタリングし、一連の船舶で使用するマスターカタログを作成できるようになりました。

この最初のリリース WorkShare カタログ比較では、欠落しているか異なるアイテムが表示されます。 宛先プロジェクトで必要な場合、不足しているアイテムをソースプロジェクトからエクスポートし、宛先プロジェクトにインポートする必要があります。

このリリースでは、 WorkShare カタログ比較は サブスクリプションアドバンテージパック 特徴。


Nexus Wishlistの提案の実装

当社の製品ビジョンが長年にわたってお客様と共鳴してきた主な理由のXNUMXつは、お客様が直面する真の課題を解決するというコミットメントです。 これを行う方法のXNUMXつは、 SSI Nexus ウィッシュリスト。 このリリースでは、永続ウィンドウや命名規則の追加のインポート/エクスポート機能など、ユーザーエクスペリエンスを向上させるいくつかの要求された機能を実装しました。

すなわち:

  • Subscription Advantage Pack、製品階層、および他のほとんどのShipConstructorパレットのUDAエディターは、ShipConstructorセッション間でサイズと位置を維持するようになりました。
  • エクスポート/インポート機能を使用して、プロジェクト間で命名規則を再利用できるようになりました。

機器に対するユーザー中心の改善

すべてのハンズオンワークフローの側面を簡素化すると、プロジェクト全体が全体的に改善されます。 SSI 2020 R2.1では、ユーザーが要求したいくつかの改善を装備とそれを行う機器に含めました。

機器を構造要素と一緒に使用すると、アセンブリを調整するために大量の図面の切り替えが必要になる場合があります。 現在、機器は構造図で直接モデル化できるため、図面を切り替える必要がありません。

機器の挿入ジグに対して、よくリクエストされる2つの変更を加えました。 現在、挿入ポイントモードの3番目のジグプロンプト(回転)とXNUMX番目のジグプロンプト(上方向)は、標準の図面に基づいてデフォルト値を適用し、自然な機器の挿入を容易にします。

また、選択した端に接続できない場合でも、エンドモードで機器を挿入する機能を追加しました。 以前は、接続が無効で、機器を挿入ポイントモードにして手動で所定の場所に移動する必要がある場合、挿入はキャンセルされました。


さらに詳しく

ウェビナーをご覧になり、これらの新機能と改善点をご覧ください。 このリリースの新機能を体験するより良い方法はありません。


システム要件

サポートされているクライアントオペレーティングシステムWindows 7(64ビット)、Windows 10
サポートされているサーバーオペレーティングシステムWindows Server 2019、2016、2012、および2012 R2
NETフレームワーク .NET Framework 4.6.2(自動的にインストールされます)
SQLサーバー MS SQL Server 2017、2016、2014。注:Expressエディションは、5人以下のユーザーのプロジェクトにのみ適しています。
サポートされているAutoCADプラットフォーム2018、2019、および2020:
AutoCAD、AutoCAD Mechanical、
AutoCAD Plant3D(ShipConstructor P&ID設計検証機能のパイプ用)
Navisworks2018、2019と2020:
Navisworks Simulate、Navisworks Manage
(ShipExplorerの場合)
並列インストールの互換性ShipConstructor 2020は、以前の主要なShipConstructorバージョンと並行してインストールできます。 ShipConstructorの各インストールバージョンには、AutoCADの専用インスタンスが必要です。

ShipConstructor 2020インストールガイド

SSI Nexusのマニュアルを参照してください.


ダウンロード情報

SSI Nexusのダウンロードをご覧ください.


購入情報

ソフトウェアを購入するか、サブスクリプションを更新するには SSIの代表者に連絡する.

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *

このサイトは reCAPTCHA によって保護されており、Google の 個人情報保護方針利用規約 が適用されます。