• 迅速なROIの実現
        • スライスされた実装と私たちの専門知識により、初日から利益を得ることができます。長期間のセットアップは必要ありません。

        • 統合し、共同作業し、再利用する
        • SSIのオープンシップビルディングプラットフォームは、船舶建造プロジェクトの将来に対応した真実の情報源を提供します。

        • 変更管理
        • 変更内容を可視化し、影響を理解し、変更を実行するために適切な情報を適切なタイミングで入手します。

        • 適応と革新
        • グローバルに分散した労働力のために、ローカルまたは仮想化された船舶建造環境を作成します。

        • 他のソリューションからの変更
        • 変更内容を把握し、影響を理解し、変更を実行するために適切な情報を適切なタイミングで入手します。

        • Nexus
        • SSI Nexusは、SSIソフトウェアのユーザー、開発者、実装者のためのコミュニティです。

        • SSI Certified Training
        • SSI MyLearningは、SSIのユーザーが詳細なトレーニング演習、教材、コース、認定をアクセスできるようにするものです。

        • SSIブログ
        • 船が建造された後の船の寿命の大部分が過ぎることを考慮すると、組織が常に船舶の明確な状況を把握していることが重要です。

          灯台波形 | 船舶建造ソリューション

        • シップコンストラクター
        • 船舶および海洋プロジェクトの設計、エンジニアリング、建設に対する包括的なソリューションラインナップ

        • エンタープライズプラットフォーム
        • 船渠内のすべてのシステムを接続し、データを共有し、情報を利用可能にするツール

        • ShipbuildingPLM
        • 唯一本当に船舶建造に特化した製品ライフサイクル管理(PLM)プラットフォームです。

        • 会社
        • SSI弊社のリーダーシップの詳細をご覧ください。

        • 場所と連絡先
        • グローバルに存在するパートナーが必要です。

        • ニュース
        • SSIと造船の最新情報

        • イベント
        • 次のイベント、カンファレンス、トレードショーに参加してください。

        • パートナー
        • プラットフォームおよび開発パートナーの詳細をご覧ください。

        • クライアント
        • SSIを信頼する業界リーダーをご覧ください。

        • キャリア
        • 造船業を可能にします。

  • 日本の造船会社のための戦略
11月 11, 2020
ソフトウェアリリース

組織が引き受けるプロジェクトは一貫して複雑さを増しており、それらのプロジェクトの可視性を高めることは常に良いことです。 しかし、チームに最適な方法でこれらのプロジェクトを操作する柔軟性がなければ、コントロールを失っているように感じる可能性があります。 SSI 2021 R2では、プロジェクトを確実に制御できるようにするために、ウィッシュリストアイテムを実現することに重点を置いています。 ShipConstructor内から図面をロックする機能が追加され、パイプシステムでの作業がより明確になり、サポートの取得がさらに簡単になりました。


ウェビナーを見る

11月19日午前8時(太平洋標準時)にSSIチームに参加して、SSI 2021R2のリリースで現在利用可能なすべての改善点を最初に確認するウェビナーをご覧ください。

今すぐ登録

多くの造船所で変更管理とセキュリティを念頭に置いているため、で最も投票された項目の1つがNexusウィッシュリストリビジョン管理に関する機能が強化されています。 SSI 2021R2の新しいLockManagerで、モデルと製造図面の管理者レベルの制御が導入されました。 チームにとって、これは不確実性が少なくなり、プロジェクトをより細かく制御できることを意味します。

配管システムを見ると、現代のプロジェクトの規模がすぐにわかります。 個々のシステムとブランチ、またはパイプがどこにルーティングされているかを理解することは、常に課題となる可能性があります。 チームが作業している領域を一目で識別できるように、MarineDraftingに色分けされたレイヤーオプションを導入しました。 レイヤープロパティはPipeSystem Managerから直接借用され、変更を加えるための1つの中央の場所を提供します。

プロジェクトがどれほど複雑であっても、混乱を最小限に抑える必要があります。 クライアントサクセスチームが技術的な問題が発生したときに迅速に解決できることを誇りに思っていますが、クライアントにとってプロセスを簡単にする余地は常にあります。 新しいSSIデスクトップアプリは、まさにそれを行うためのスタンドアロンユーティリティです。 サポートリクエストを管理し、技術情報を自動的に含め、SSIリソースにアクセスするための中央の場所を1つ作成することで、チームをこれまでになく迅速に復旧および実行できるように努めました。

これらの3つの改善は、SSI 2021R2のリリース時点ですべて有効です。 それらに加えて、いつものように、組織が複雑さを制御し、プロジェクトを自分のやり方で操作し、造船に集中することを容易にする他の機能が含まれています。 主な変更点の詳細なリストは以下のとおりです。詳細を確認するには、11月19日午前8時(太平洋標準時)のリリースウェビナーで開発チームに参加してください。


詳細な機能強化

注:このリリースのすべての機能強化は、ユーザー主導のリクエストに触発されました。 Nexusウィッシュリスト

ShipConstructor内から図面をロックする

ShipConstructor環境内でモデルと製造図面をロックします。 変更管理の場合は、グループにアクセスを許可して必要な変更を加えてから、アクセスを削除すると便利です。

ロックされた図面はデータベースレベルでロックされます。これは、単にファイルをロックするよりもはるかに強力です。 SCTRANSFER、SCREPLICATE、WorkShareなどの外部プロセスまたはコマンドによるものを含め、ロックされている場合、図面を変更することはできません。

MarineDraftingでパイプシステムのレイヤーを生成する

ShipConstructorで、MarineDraftingでパイプシステムレイヤーを作成できるようになりました。

パイプシステムレイヤーを作成するには、キーワードを入力しますMarineDraftingビュー生成設定内の[パイプレイヤー名]フィールド。

ビューを更新すると、MarineDraftingはパイプシステムのレイヤーを作成し、レイヤーの命名は、ユーザーがレイヤー名フィールドで定義したのと同じ命名規則に従います。

パイプシステムレイヤーは、ShipConstructor Pipe System Managerと同じ色を使用して、パイプと関連するパイプシステムをすばやく識別します。 この機能は、パイプシステムだけでなくパイプブランチもサポートします。 キーワードを使用するMarineDraftingビュー生成設定ウィンドウ内の[パイプレイヤー名]フィールドで、MD図面のパイプブランチのレイヤーを作成します。

SSIデスクトップアプリ

SSIデスクトップアプリケーションは、エンドユーザー、エンジニアリングチームマネージャー、またはシステム管理者が次のことをすばやく実行できるようにするスタンドアロンツールです。

  • ワークステーションにインストールされているSSI製品とバージョンをスキャンして理解します。
  • この情報を組み込んで、SSIサポートリクエストを作成して送信します。
  • 既存のサポートリクエストとSSIリソースにアクセスします。

なぜSSIデスクトップアプリを使用するのですか?

エンドユーザーは、サポートリクエストプロセスを開始するためにオンラインでSSIサポートにアクセスする必要はありません。 エンドユーザーは、サポートリクエストを作成し、必要なすべての情報がすでに入力されている状態でマネージャーに転送できます。 その後、サポートリクエストが作成され、はるかに迅速に送信されます。 技術的な調査がより早く開始され、よりタイムリーな方法で解決策が提供されます。

SSIデスクトップアプリを入手するにはどうすればよいですか?

SSIデスクトップアプリは、NexusDownloadsの[UtilityDownloads]セクションからzipアーカイブとしてダウンロードできます。 アプリケーションは単一の実行可能ファイルです。 アーカイブから抽出すると、ワークステーションのどこにでも配置できます。 追加のインストール手順は必要ありません。

将来はどうなるのでしょうか?

SSIチームは、SSIデスクトップアプリをSSI製品の広大な世界をナビゲートするための主要なハブにすることを計画しています。 次のリリースでは、いくつかの追加機能を検討しているので、SSINexusで何を見たいかを自由に話し合ってください。

プロジェクトアイテムリスト

プロジェクト機器リストに代わるプロジェクトアイテムリストは、新しい機能、より高速なパフォーマンス、およびより優れた使いやすさでゼロから再構築されました。

拡張パーツタイプのサポート

プロジェクトアイテムリストは、計画目的でPIL内のパイプストックの関連付けをサポートするようになりました。 これは現在、プロジェクトアイテムリストに限定されており、図面へのパーツの挿入は間もなく行われます。

パイプ接続を計画する機能

これで、設備在庫とパイプ在庫の両方の資産間のパイプ接続を計画できます。

TSVテンプレートの生成とデータのインポート

プロジェクトアイテムリスト環境のTSVテンプレートをすばやく生成します。 TSVファイルから新しいデータをインポートしてプロジェクトアイテムリストに入力する機能。

UIとパフォーマンスの向上

新しいレイアウトが導入され、パーツと接続の視認性が向上し、大規模プロジェクトの読み込みパフォーマンスが大幅に向上しました。

バルブハンドルの回転角度を変更する

新しいプロパティ、Modify Handle Rotation onPartがバルブストックに追加されました。 これをチェックするか、[はい]に設定すると、パーツプロパティの[回転を処理]を個々のパーツで編集できます。

このバージョンにアップグレードすると、既存のすべてのバルブストックでハンドルの回転が無効になるため、以前と同じように動作します。

OTFHVACのユーザー権限

OTFHVACに2つの新しいモデリング権限が追加されました。

OTF作成権限

ユーザーがOTFHVACパーツを作成できるようにします。

OTF編集権限

ユーザーは既存のHVACパーツを編集できますが、ユーザーは新しいパーツをモデル化して直接、またはコピーやコピー/クリップなどの操作によって間接的に新しいOTFパーツを作成することはできません。

WorkShareTransferに電気ケーブルサポートを含める

選択したソーススペース割り当てにサポートを含めることにより、電気ケーブルサポートを別の船体に転送します。

ケーブルサポートは、対応するスペース割り当てでのみ存在できるため、転送オプション(パイプ部品のスプールと同様)としてそれらを含めることは理にかなっています。 ケーブルサポートによるPINステータスは、他の船体にも自動的に転送されます。

スペースの割り当てとケーブルのサポートは、プロジェクト間で完全に同期できます。つまり、宛先の船体にすでに存在する場合は、ソースプロジェクトに変更があったときに、WorkShareTransferを介して更新できます。


さらに詳しく

ウェビナーに登録してライブで視聴し、これらの新機能と改善点を実際に確認してください。 このリリースの新機能を体験する良い方法はありません。

This webinar takes place: 11/19/2020 8:00 am PT.

Register Here

This webinar took place: 11/19/2020 8:00 am PT.

See our Webinars on Nexus


システム要件

サポートされるクライアント オペレーティング システムウィンドウズ 10 (64 ビット)
サポートされているサーバー オペレーティング システムWindows Server 2019、2016、2012、および 2012 R2
ネットフレームワーク.NET Framework 4.7 (自動的にインストール)
SQL サーバーMS SQL Server 2019、2017、2016。 SQL Server 2017 エクスプレスは、インストーラーに含まれています。 注: Express エディションは、ユーザー数が 5 人以下のプロジェクトにのみ適しています。
サポートされている AutoCAD プラットフォーム2021年、2020年、2019年:
AutoCAD、AutoCAD メカニカル、
AutoCAD Plant3D(パイプの設計検証機能を持つものの製造者向け)
サポートされているナビワークスバージョン2021年、2020年、2019年:
ナビスワークスシミュレーション、ナビスワークス管理
サイド バイ サイド インストールの互換性ShipConstructor 2021 は、以前の主要な ShipConstructor バージョンと並行してインストールできます。ShipConstructor のインストール済みの各バージョンには、AutoCAD の専用インスタンスが必要です。

SSI インストール ガイド

SSI Nexus の最新の ShipConstructor マニュアルにアクセスして、このリリースのインストール手順とシステム要件を詳しく確認してください。

ダウンロード情報

このリリースをダウンロードするには、SSI Nexus のダウンロード セクションにアクセスしてください。 そこで、最新の SSI リリースすべてにアクセスできます。

購買情報

このリリースの詳細については、ソフトウェアの購入、またはサブスクリプションの更新については、SSI担当者にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。