• Nexus
        • SSI Nexusは、SSIソフトウェアのユーザー、作成者、および実装者が集まる場所です。 ここでは、ベストプラクティスと業界のトレンドについて議論し、共通の課題に取り組み、最新のソフトウェアにアクセスし、それらを結び付ける製品の将来へのインプットを提供します。

        • MyLearning
        • SSI MyLearningは、SSIユーザーが詳細なトレーニング演習、資料、コース、および認定資格にアクセスできる場所です。 自己指導型のトレーニングカリキュラムにより、トレーニングはスケジュールどおりに、最も必要なときに実行されます。

        • SSIブログ
        • SSIブログは、造船とテクノロジーの交差点、業界の進歩、SSIニュースの最新情報を得るための場所です。 SSIの共同CEOであるDenis MoraisとDarren Larkinsの最新記事を読む唯一の場所です。

          Lighthouse Waveform | Crow’s Nest

        • シップコンストラクター
        • 情報をビジネスに合わせて取得するということは、船舶のライフサイクルの各段階を通して造船固有の課題と情報要件を処理するために構築されたソリューションを使用することを意味します。

        • エンタープライズプラットフォーム
        • 造船所のすべてのプロセスはデータを必要とします。ツール間でデータを適切な形式でシームレスに共有することで、意味のある実用的な情報を組織全体で利用できるようになります。造船プロジェクトに必要なカスタマイズされたツールを自由に選択できます。

        • デジタルハブ
        • 造船には多くの部門間で慎重な調整が必要ですが、意思決定のための情報が多数のレガシーソフトウェアシステムとスプレッドシートにサイロ化されることが非常に多いです。これらのサイロを開くことで、各部門は、必要なときに必要な情報にアクセスできます。

        • 会社
        • SSI弊社のリーダーシップの詳細をご覧ください。

        • 場所と連絡先
        • グローバルに存在するパートナーが必要です。

        • ニュース
        • SSIと造船の最新情報

        • イベント
        • 次のイベント、カンファレンス、トレードショーに参加してください。

        • パートナー
        • プラットフォームおよび開発パートナーの詳細をご覧ください。

        • クライアント
        • SSIを信頼する業界リーダーをご覧ください。

        • キャリア
        • 造船業を可能にします。

  • 日本の造船会社のための戦略
ヒントとコツの詳細ビュー

これは私がヒントとトリックを議論する多くのブログ記事の最初の記事です。 これは、ShipConstructor を使用しているユーザーに役立つ実践的な情報の貴重な一口サイズのチャンクを提供するという私の目標に関連しています。

あなたが私に話し合ってほしいトピックを持っているなら、あなたは私に電子メールを送るか、様々な他のチャンネルを介して私に尋ねることができます:AUGIマリンツイッターグーグル+、LinkedIn. LinkedIn あなたがサブスクリプションユーザーまたは現在のShipConstructorユーザーでない場合でも、質問が私たちのコミュニティに利益をもたらすならば、私はそれに答えようとします。

最初のトピックでは、ShipConstructor 内に詳細ビューを作成する方法について説明します。 プロジェクトの制作ドキュメント内で詳細を呼び出すのはかなり一般的です。 数ヶ月前に、典型的なパッケージで期待される通常の詳細量以上の特定のクライアントの生産パッケージを見たので、私はこの記事を作成することにしました。 私は彼らが非常に多くあったので、彼らがこれらの詳細を作成するかなり滑らかな方法を持っていると仮定していたので、彼らがこれらの詳細を作成する方法を私に見せることができるかどうかを尋ねました。

驚いたことに、彼らは手動でそれをやった。 各ビューを作成する時間は、分単位でした。 私が1つのパッケージで作成したすべての詳細ビューで1つを行うためにかかった時間を掛けた場合、私たちは多くの時間を話していました。

私は彼らがShipConstructor内でそれを自動化する方法を彼らに示すことにしました。 20分後、私は数秒で詳細ビューを作成するコマンドを作成しました。 まだ調整が必要でしたが、最小限でした。 このシナリオでは、プレーンな AutoCAD を使用していたため、AutoCAD Mechanical の詳細ビュー コマンドを 使用できませんでした。

コマンドのスクリプトを作成し、AutoCAD の CUI エディタを使用してカスタム コマンドにスクリプトをカプセル化することにしました。 私はlispを使用することができましたが、私は本当にこの場合にはする必要はありません。また、私のlispスキルは、彼らが使用するほど良くはありません。 私は幸運にもすでにインストールされていたAutoCAD Expressツールからいくつかの機能を使用することができました。 AutoCAD Express のツールがない場合は、必ずインストールする必要があります。


ワークフロー

  1. 新しい合理化されたコマンドを実行する
  2. 詳細を設定するオブジェクトの中心を選択します。
  3. 詳細ソース ビューの半径をピックする
    • 私は私の詳細ウィンドウとして円を使用しましたが、あなたは他の形状を使用することができます
  4. 手順 2 と同じ点をピックします。
    • はい、これはレシピのようなものです;-)
  5. 詳細を作成するメインアイテムが含まれているビューポートを選択します。
    • これは、私が使用する場所、AutoCAD エクスプレス コマンド VPSYNC
  6. 作成された詳細ビューを選択します
    • 私は、元のビューの5倍に詳細ビューを作成しました。 これは簡単に変更することができます
  7. Enter キーを押す
  8. 詳細ビューの移動先を選択します

それはレシピのビットと改善することができるものですが、わずか20分で、これは大きな改善だったと思います。


合理化されたコマンドを作成する手順

  1. コマンド CUI を実行してCUIエディタを開きます。
  2. acad.cui または acadm.cui カスタマイズ ファイルを選択します。
    CUI_Selection
  3. CUI エディタで、[コマンド一覧]セクションの[新しいコマンドを作成]ボタンをクリックします。ロードには長い時間がかかる場合があります。
    CreateCommand
  4. プロパティ:コマンド:名前フィールドに、コマンドを呼び出す名前を入力します。
  5. プロパティ:コマンド:コマンド表示名に表示名を入力します(スペースを使用できます)
  6. プロパティ:コマンド:マクロで…ボタンを選択します
  7. この投稿のソースコードセクションにコードを入力します。
  8. オプション: プロパティのアイコンを選択 :画像:大きい画像 プロパティ:画像:小さい画像
    • 下の画像に似ているはずです
      CUI_Command
  9. リボン:パネルアイコンを右クリックし、新しいパネルを選択してRibbon:Panels、新しい
    NewPanel
    パネルを作成します。
  10. 適切な名前を付ける
  11. 作成したコマンドを見つけて、新しく作成したパネルの Row 1 の子にドラッグします。
    NewPanelWithCommand
  12. 新しいパネルをクリックして、適切なタブにドラッグします。

ソース コード

^C^C_PS;_circle;\\_Copy;l;;0,0;0,0;_Scale;l;;;5;_mview;o;l;_VPSYNC;\l;_MS;_Zoom;s;5x;_PS;_Move;\\


ビデオ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.