• Nexus
        • SSI Nexusは、SSIソフトウェアのユーザー、作成者、および実装者が集まる場所です。 ここでは、ベストプラクティスと業界のトレンドについて議論し、共通の課題に取り組み、最新のソフトウェアにアクセスし、それらを結び付ける製品の将来へのインプットを提供します。

        • MyLearning
        • SSI MyLearningは、SSIユーザーが詳細なトレーニング演習、資料、コース、および認定資格にアクセスできる場所です。 自己指導型のトレーニングカリキュラムにより、トレーニングはスケジュールどおりに、最も必要なときに実行されます。

        • SSIブログ
        • SSIブログは、造船とテクノロジーの交差点、業界の進歩、SSIニュースの最新情報を得るための場所です。 SSIの共同CEOであるDenis MoraisとDarren Larkinsの最新記事を読む唯一の場所です。

          Lighthouse Waveform | Crow’s Nest

        • シップコンストラクター
        • 情報をビジネスに合わせて取得するということは、船舶のライフサイクルの各段階を通して造船固有の課題と情報要件を処理するために構築されたソリューションを使用することを意味します。

        • エンタープライズプラットフォーム
        • 造船所のすべてのプロセスはデータを必要とします。ツール間でデータを適切な形式でシームレスに共有することで、意味のある実用的な情報を組織全体で利用できるようになります。造船プロジェクトに必要なカスタマイズされたツールを自由に選択できます。

        • デジタルハブ
        • 造船には多くの部門間で慎重な調整が必要ですが、意思決定のための情報が多数のレガシーソフトウェアシステムとスプレッドシートにサイロ化されることが非常に多いです。これらのサイロを開くことで、各部門は、必要なときに必要な情報にアクセスできます。

        • 会社
        • SSI弊社のリーダーシップの詳細をご覧ください。

        • 場所と連絡先
        • グローバルに存在するパートナーが必要です。

        • ニュース
        • SSIと造船の最新情報

        • イベント
        • 次のイベント、カンファレンス、トレードショーに参加してください。

        • パートナー
        • プラットフォームおよび開発パートナーの詳細をご覧ください。

        • クライアント
        • SSIを信頼する業界リーダーをご覧ください。

        • キャリア
        • 造船業を可能にします。

  • 日本の造船会社のための戦略
3月 10, 2014
SSI ニュース

クライアントは、ShipConstructor を使用してますます多くのことを行い、プロジェクトのライフサイクルの早い段階で開始しようとしています。 このため、彼らは途中で作成した3Dモデルからより多くの価値を得る方法を探しています。 私たちの シップコンストラクター開発者ネットワーク (SCDN)メンバーの 1 つである AutoFEMは、最近、ShipConstructor API を使用して、AutoCAD の ShipConstructor 3D モデルで FEA /FEM (有限要素解析/有限要素モデリング) を実行できるようにしました。

この価値は、ShipConstructorで3Dモデルを作成することから、船舶のライフサイクルを通じて必要なFEA作業を行うことまで、シームレスなワークフローを作成する方法です。

シップコンストラクタは 、AutoCAD の基礎 の上で動作し、AutoFEM も動作します。 したがって、コラボレーションするのは当然でした。

クライアントは、ShipConstructor 製品モデル内の情報を利用して、使い慣れた AutoCAD 環境を離れることなく、AutoFEM の解析ツールを直接駆動できるようになりました。

これについては、これ以上のことが言えるため、SSI は近い将来このトピックに関する詳細情報を発行します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.